〜気ままな帽子製作と  日々の生活について〜
by fountain-fountain
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ


カテゴリ
全体
帽子
帽子(非売品)
その他帽子
お知らせ(イベント他)
報告(イベント他)
・…・…・…・
日常
食べ物
お気に入り
新聞より
観に行く
ちょっとお出かけ

その他
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
最新のコメント
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
画像一覧


病状
今月初めに父を連れ、母と3人で病院をいくつか回ってきました。

1月下旬、父自身が体の異変を感じ近所のかかりつけの内科へ行ったところ、神経内科に紹介状を書いてくれ、検査を受けに行きました。
その結果「特に異常なし。年齢的な衰えです。心配要りません。」と。

その数日後、1人で外出した際に転んでしまい、救急車にお世話になる事態に。
頭を打っている可能性もあるという事で運ばれた先が上記の神経内科でした。
母も病院に駆けつけたのですが、「ものすごく感じ悪かった。」と。

その日を境に父の様子がおかしいと母から連絡があり、2月に実家へ。

11月の巨人の優勝パレードを観に行って以来約3ヵ月ぶりに会った父は本当にビックリするほどおじいちゃんになっていました。

これは単なる年齢的な衰えではないとなったのですが、私達もどうしていいか分からず、再度かかりつけの病院に相談したところ、ひょっとしたらパーキンソン病ではないかとなり、某大学病院あてに紹介状を書いてもらい、今月初めに行ってきました。

…ですが、こちらの不手際もあり、大学病院では診察してもらえず、近くの神経外科を教えてもらい急いでその病院へ。

検査を受け、事情を話し紹介状を見せて問診してもらったのですが、「パーキンソン病かと思うが、専門外だから神経内科に行ってみて。」と。

2時間半も待ったのに…。

それに知ってる神経内科って上記の先生しかいない…。

ですが、何とかこの日のうちに診断を受けたいという思いが皆にあったので、午後から行く事に。

その結果、『パーキンソン病予備群』という診断でした。

(せっ先生、年齢的な衰えっていう診断は何だったんでしょうか?????と、 我が家の誰もが抱いた疑問でした。)

ですが、今はこの先生を信じて頼るかありません。

ともかくお薬をもらい、母の介助をちょくちょく受けながら何とか生活しています。


また、数少ない父の知り合いの方々が心配して電話や手紙をくださいました。
感謝です。


今思えば、2011年頃からその兆候があったなぁと少し反省。

とにかく父が前向きにリハビリしてくれる事を願います。

a0126471_13384670.jpg


兄から連絡があり、甥っ子と一緒に実家にいったとのことでした。
以前より進んで体も動かしているようで少し安心。

兄は週末時間があると実家に顔を出してくれています。
とても頼りになります。感謝です。
by fountain-fountain | 2013-04-20 14:18 | その他 | Comments(0)
<< もんじゃ 3Dアート >>