人気ブログランキング |

日々の生活と、もの作りについて
by hathings-fountain
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お知らせ


カテゴリ
全体
帽子
帽子(非売品)
その他帽子
お知らせ(イベント他)
報告(イベント他)
・…・…・…・
日常
食べ物
お気に入り
新聞より
観に行く
ちょっとお出かけ

その他
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...
最新のコメント
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
画像一覧


<   2019年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
日本橋から丸の内へ。そこは…
ラグビー🏉&オリンピック祭り

ウェイトリフティング、バドミントン、陸上などの体験会をしていました。

が、今日の私はチコちゃん目当て。やっと行けました。

a0126471_15272146.jpg
チコちゃん110.png


a0126471_15272457.jpg
あっ、中川家もいるじゃん!



先日、ラグビー日本代表ユニフォーム制作の舞台裏をテレビで観ました。

デザインコンセプトは「兜」。見た目は同じでも、ポジションによって戦い方や体格の違があるので、掴まれにくくなっていたり、フィットしていたり…と、
3種類あるそうです。そしてうっすら模様入り。


by fountain-fountain | 2019-08-12 23:59 | ちょっとお出かけ | Comments(0)
日本の素朴絵 ーゆるい、かわいい、たのしい美術ー
展覧会はほぼ一人で行きますが、今回はお盆ということで旦那さんと一緒に行ってきました。

他にも行きたいものがいくつかあるのですが、「これならば、飽きずに観てもらえそうかな?」と思い、こちらを選んで見ました。
日本橋の三井記念美術館で開催中の『日本の素朴絵 ーゆるい、かわいい、たのしい美術ー』です。

a0126471_14145192.jpg

程よい人の数で、ゆったり観ることができました。

旦那さんもそれなりに楽しんでおりました。

絵に関していえば、昔は「鉛筆で下書きして、間違えたら消しゴムで消して」なんてことは絶対にできないわけで。

筆でしか書くことしかできないわけで。(ですよね?!)
一発勝負的な感じ?というか…。

そう思うと、スラスラと迷いのない線で描かれているものを観ると、ゆるくってかわいいけれど「すごい!」なぁと。

にしても、『おなら』はいまも昔も変わらない存在(?)なんですねぇ。
125.pngプップップッ

お盆にもってこいでした。



この日は早めに日本橋に行き、朝食を近所のミカドコーヒーでいただき、オープンまでちょっと余裕があったので、コレド室町周辺をぶらぶら。

お盆の日本橋、人もまばらでいい感じです。

a0126471_14145343.jpg
 
福徳神社も涼しげでした。


by fountain-fountain | 2019-08-12 23:49 | 観に行く | Comments(0)
国立新美術館
美術館の中でも、一番好きな建物かもしれません。

ガラス張りで、近未来的。丸いフォルムは繭のような、竹かごのような、ピーナツのような感じがしてなりません。
a0126471_22124992.jpg
宇宙船に乗り込む感じがして、何だかワクワクします110.png



a0126471_22125782.jpg
特別公開「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵

夏の強い光に映えていました。2021年5月10日 (月)までの公開です。



展覧会を観終わった後、ミュージアムショップに立ち寄り、一休みする時は必ずこちらへ…。

a0126471_22131661.jpg
「いつかこの椅子を手に入れてやるぞッ!!」と密かな野望を抱いていました。
が、叶えられそうにもないので、こちらで好きなだけ座って帰ります。

私にとって、ちょっとした贅沢な時間です。

今度はいつ行けるかなぁ…。



by fountain-fountain | 2019-08-01 23:59 | 観に行く | Comments(0)
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
クリムト展に行って、こちらにも興味が湧き、行ってみました。

絵画や工芸、建築、デザイン、インテリア、ファッション、グラフィックデザインなど、まさに“芸術の都”ウィーンで育まれた芸術世界を堪能できました。

10数年前の冬、初めて訪れたウィーン。

広すぎて見たかったところを断念した、シェーンブルン宮殿。
体力に自信はなかったのですが、南塔を階段で登った、シュテファン寺院。

…と、あまり芸術に触れることなくウィーンの旅を終えていました。


a0126471_22130695.jpg


10数年の時を経て、日本でオーストリアの芸術に触れることができました。


by fountain-fountain | 2019-08-01 23:49 | 観に行く | Comments(0)